新生銀行の住宅ローン申し込み!

新生銀行の住宅ローンを申し込む時気になるのが金利ですよね。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらの金利を選ぶかは個人次第で、銀行の方から薦められるという事はありません。
多くの銀行では、固定金利は高く、変動金利は低く金利が設定されています。
また、固定金利・変動金利、どちらを選ぶかによって審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
固定金利・変動金利どちらが良いか迷った時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、審査が少し変わっています。
変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。
フラット35だからといって、審査内容が甘い。
といった事もありません。
一般的な新生銀行の住宅ローンと一緒です。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
色々な面から審査されるそうです。
住宅ローンを組む際はまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。
例をあげると、銀行や労金、ネットバンクなど住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。
金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特に大きな物はありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。
わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。
店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。
現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

新生銀行の住宅ローン借り換え審査の落とし穴とは?